村上ゆき 花紀行 歌詞

村上ゆき 花紀行の歌詞を提供しています。 『花紀行』とは村上ゆきさんが2010/02/24に発売された楽曲です。

花紀行 歌詞

曲名:花紀行

発売日:2018/3/4

歌手:村上ゆき

作詞:村上ゆき

作曲:村上ゆき

見知らぬ町を ひとり歩いたら 風は空から 花びら散らす
過ぎゆく春の 投げる口づけは 髪に両手に はらはら停まる
この場所で嵐見送れば 時の流れに 埋ずもれてしまう
薄紅が なんて優しいの 拾い集める人もいないのに
見知らぬ町を ひとり歩いたら 風は空から 花びら散らす
髪に両手に はらはら停まる

村上ゆきと花紀行と歌詞について

以上が村上ゆき 花紀行の歌詞です。

  • 村上ゆきの楽曲一覧はこちらから
  • 花紀行関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

村上ゆき 花紀行の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。