Juliet Shalala 歌詞

Juliet Shalalaの歌詞を提供しています。 『Shalala』とはJulietさんが2016/07/20に発売された楽曲です。

Shalala 歌詞

曲名:Shalala

発売日:2018/3/4

歌手:Juliet

作詞:Juliet

作曲:Juliet

まだ薄暗い街を眺めて
思い出してた最初の頃
ぎこちない会話を重ねて
縮める距離が愛しくて

ねぇ、君は覚えてる?
東京タワー消える瞬間そばで見て
終電逃しちゃうなんて
笑いながら夜の中を歩いた

Shalala…
I sing feelings to you.
鼻唄に愛を込めよう
君と一緒に繰り返してく日々が
もっともっともっと
これからも続くように

特別な日を数えるよりも
何でもない日に君といる
それが何より大切だって
君が教えてくれたんだ

ねぇ、いくつになっても
寝起きの顔 笑い合える二人でいよう
そっと重ねた手と手に
見えた未来優しく繋いでく

Shalala…
I for you feel like a gift.
とっておきの毎日を
つまづいたならもう一度歩幅合わせ
どんな時だって幸せを奏でよう

明るくなる街を背中にして
ベッドに戻ってもう少しだけ眠ろう

また明日、今日よりも
溢れ出してく思いが
これからも届くように

Shalala…
I sing feelings to you.
鼻唄に愛を込めよう
君と一緒に繰り返してく日々が
もっともっともっと
いつまでも続くように

JulietとShalalaと歌詞について

以上がJuliet Shalalaの歌詞です。

  • Julietの楽曲一覧はこちらから
  • Shalala関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Juliet Shalalaの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。