PALU 100年時が過ぎても 歌詞

PALU 100年時が過ぎてもの歌詞を提供しています。 『100年時が過ぎても』とはPALUさんが2016/10/12に発売された楽曲です。

100年時が過ぎても 歌詞

曲名:100年時が過ぎても

発売日:2018/3/4

歌手:PALU

作詞:PALU

作曲:PALU

懐かしい空を見てた
守り守られた日々
哀しいくらい晴れた光へ
君とずっと走っていた

背中に耳あてたら
永遠の音がした
変わらずにいて このままでいて
涙こらえてつぶやいた
夢が瞬く希望に届くように

君の虹はきっとある
傷ついた その数だけ輝く
記憶なんか 失くしても
君がわかるよ
100年時が過ぎても

翼が折れてしまう
消えてしまいそうな時は
星降る夜に どうか隣で
できるはずと囁いて
明日になったら新しくなるように

夜明け それはきっとある
闇の中 今は何もないけど
琥珀色の思い出は
眩しさのまま
100年時が過ぎても

罪と罰
吹き荒れる大地
このまま一人でどうすればいい?
終わりのない鐘は鳴り響き
願う蜘蛛の糸
またいつか 会いたい

沈む夕陽 照らす道
今わかる 愛されていたことが
その笑顔は風の中
忘れはしない
100年時が過ぎても

PALUと100年時が過ぎてもと歌詞について

以上がPALU 100年時が過ぎてもの歌詞です。

  • PALUの楽曲一覧はこちらから
  • 100年時が過ぎても関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

PALU 100年時が過ぎてもの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。