Age Factory Seventeen 歌詞

Age Factory Seventeenの歌詞を提供しています。 『Seventeen』とはAge Factoryさんが2016/10/05に発売された楽曲です。

Seventeen 歌詞

曲名:Seventeen

発売日:2018/3/4

歌手:Age Factory

作詞:Age Factory

作曲:Age Factory

なにも怖くはないよ
だってさ誰も正しくはない
ただ何かが足りなくて
うっとうしいぜ
別に腹も空いちゃいないけど

吸い込んだキャスターの煙で見えなくして
濁した行き先とあの日の僕らは
乾かない洗濯物を永遠に揺らした
張り合いのない春の風に吹かれて

Seventeen

向かい風受けて伸びた前髪の間から見えた
春の終わりは
聞いた事もない言葉を連れてきたよ
ただ怖くなったよ だから「サヨナラ」って言った

吸い込んだキャスターと君の飲みさしていった
冷たいオレンジジュースのように
薄くなっていく色も考え方も全部
味気ない方だけ綺麗に見えるの

Seventeen

Age FactoryとSeventeenと歌詞について

以上がAge Factory Seventeenの歌詞です。

  • Age Factoryの楽曲一覧はこちらから
  • Seventeen関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Age Factory Seventeenの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。