岸千恵子 津軽じょんから節(浪曲入り) 歌詞

岸千恵子 津軽じょんから節(浪曲入り)の歌詞を提供しています。 『津軽じょんから節(浪曲入り)』とは岸千恵子さんが1991/07/19に発売された楽曲です。

津軽じょんから節(浪曲入り) 歌詞

曲名:津軽じょんから節(浪曲入り)

発売日:2018/3/4

歌手:岸千恵子

作詞:岸千恵子

作曲:岸千恵子

ハア津軽よいとこ一度はおいで
私が生れの弘前城は
桜満開日本で一よ

岩木お山に春風吹けば
乙女ごころの雪さえとけて
津軽娘コにたわむる蝶々
なにを騒ぐか 村雀
ハア夏のまつりはねぶたで明ける
上る花火に心も踊る
ハア ラッセ ラッセ ラッセラ
笛や太鼓にはやされて踊るはね人も
勇ましく津軽の夜空になり渡る

ゆらぐあかりに東が白らむ
まつりも終り取り入れも終って
訪れて来るものは寒い寒い津軽の冬だ
シベリヤおろしの北風に身も心も
凍えて仕舞うんだ
けいきよくもう一ツ
三味線たのむよー!!
ハア一度別れて二度逢うまでは
たとえこの身は千里の道も
客が変れど心は同じ

岸千恵子と津軽じょんから節(浪曲入り)と歌詞について

以上が岸千恵子 津軽じょんから節(浪曲入り)の歌詞です。

  • 岸千恵子の楽曲一覧はこちらから
  • 津軽じょんから節(浪曲入り)関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

岸千恵子 津軽じょんから節(浪曲入り)の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。