上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ 恋の銀座 歌詞

上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ 恋の銀座の歌詞を提供しています。 『恋の銀座』とは上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタさんが2016/10/05に発売された楽曲です。

恋の銀座 歌詞

どうしてあの娘にばかり やさしくするの
私がどんなに好きか 忘れちゃいやよ
銀座へきたときは わがままを
云わせてね ゆるしてね 短い夜だもの
電話がかかってきても 帰っちゃだめよ

あなたが欲しいと書いた ルージュの文字が
ロッカールームの隅で 泣いてるクラブ
銀座は七彩に 染まっても
しあわせなひとだけが いるんじゃないことよ
誰かの涙でくもる イレブン・ナイト

日比谷をまわって寄った スナック・サロン
あなたが憎めたならば 苦しまないわ
銀座の夜が更けて 霧がふる
もう今日もおしまいね メトロは終電車
あしたもあなたの好きな わたしでいたい

上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタと恋の銀座と歌詞について

以上が上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ 恋の銀座の歌詞です。

  • 上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタの楽曲一覧はこちらから
  • 恋の銀座関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ 恋の銀座の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。