小椋佳 記憶 歌詞

小椋佳 記憶の歌詞を提供しています。 『記憶』とは小椋佳さんが2006/08/30に発売された楽曲です。

記憶 歌詞

曲名:記憶

発売日:2018/3/4

歌手:小椋佳

作詞:小椋佳

作曲:小椋佳

人生という 舞台で あなたは
どんなドラマを 演じてきましたか
それを見るには 思い出すべてを
束ねる他に 手立ては無いのです

そこであなたは 気が付くでしょう
過去の全てが 記憶されては
いないということを

記憶の束が あなたの シナリオ
あなたはそこに 集約されている
さらにあなたは 気が付くでしょうか
記憶するのは あなたではないこと

言い換えるなら あなたの中の
別の何かが 記憶の作業
勝手にしていると

記憶装置は あなたの 希望や
あなたは意志と 関わらず働く
何を記憶に 残すか捨てるか
記憶装置の 好み次第だから

つまりあなたの 舞台シナリオ
書いているのは あなたでなくて
書かれているのです

さーてあなたは 記憶の 作家と
どう付き合うか 考えるでしょうか
恋する時に 恋人の好み 特質をよく
知ろうとするように

あなた自身の 記憶装置を
よく知りましょう
素敵なドラマ 描き上げるように

小椋佳と記憶と歌詞について

以上が小椋佳 記憶の歌詞です。

  • 小椋佳の楽曲一覧はこちらから
  • 記憶関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

小椋佳 記憶の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。