藍坊主 すべてが終わった夜に 歌詞

藍坊主 すべてが終わった夜にの歌詞を提供しています。 『すべてが終わった夜に』とは藍坊主さんが2016/09/14に発売された楽曲です。

すべてが終わった夜に 歌詞

曲名:すべてが終わった夜に

発売日:2018/3/4

歌手:藍坊主

作詞:藍坊主

作曲:藍坊主

どこまでもひろがる熱いもの
からだの中でもえているもの
僕のこどうと
君のこどうをつないでるもの

むずかしい言葉じゃ離れてく
かんたんな言葉じゃ近すぎる
このかんかくが
この世にあることがうつくしい

かたちのない よるの音が かたちへかわってく
触れている まるで てがみのような

そっと そっと そっと 外は雨のけはい
そっと そっと そっと 外は雨のにおい
語らない 語れない 夜だ

やわらかいときには雨がふる
かたいときには木枯らしがふく
この世界の しくみはそんなものかもしれない

いったいぼくは何を知ったろう
人間どうしの決めごと以外
今 目のまえに 美しいけしきだけがみえる

声を止めて みみも止めて かたちを止めたら
波のような ここにぼくはうまれた

そっと そっと そっと 外は雨のけはい
そっと そっと そっと 外は雨のにおい
語れない 語らない よるだ

藍坊主とすべてが終わった夜にと歌詞について

以上が藍坊主 すべてが終わった夜にの歌詞です。

  • 藍坊主の楽曲一覧はこちらから
  • すべてが終わった夜に関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

藍坊主 すべてが終わった夜にの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。