ミツメ 漂う船 歌詞

ミツメ 漂う船の歌詞を提供しています。 『漂う船』とはミツメさんが2016/06/08に発売された楽曲です。

漂う船 歌詞

曲名:漂う船

発売日:2018/3/4

歌手:ミツメ

作詞:ミツメ

作曲:ミツメ

不安げな 彼らを乗せて運ぶのに
なぜだろう 近づいてる気がしない

弱すぎるライトは むこうに届かずに
残された時は 既にあとわずか

このまま力つきて どうか忘れないで
いかがわしい誘いに 乗れば今ごろは

どちらでも 天国だろう
このまま力つきて どうか忘れないで

ミツメと漂う船と歌詞について

以上がミツメ 漂う船の歌詞です。

  • ミツメの楽曲一覧はこちらから
  • 漂う船関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ミツメ 漂う船の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。