藍坊主 剥がれ落ちて水になれ 歌詞

藍坊主 剥がれ落ちて水になれの歌詞を提供しています。 『剥がれ落ちて水になれ』とは藍坊主さんが2016/09/14に発売された楽曲です。

剥がれ落ちて水になれ 歌詞

曲名:剥がれ落ちて水になれ

発売日:2018/3/4

歌手:藍坊主

作詞:藍坊主

作曲:藍坊主

どうしてあの空気を忘れたんだ
どこであの空気と分かれたんだ
音もなく剥がれた 形のない
もう一人の自分が 離れてった
待ってくれっていう言葉をかける暇も
ないくらいに彼はもう記憶に変わった
なあ どこへ手を伸ばせばいいんだい
また分裂して 消える かんかく

とけろ とけろ 全てがドロドロに変わったら
また会えるのかなぁ
いやしい心を照らす 朝日が馴染んだころ また一人離れた

水のようになりたい 水のようになりたい 水のようになりたい
だからまた飲んでしまうのさ
水のようになりたい 水のようになりたい 水のようになりたい
だからまた飲んでしまうのさ

水のようにゆれる 水のようにゆれる
水のようにゆれる 水のようにゆれる
水のようにゆれる 水のようにゆれる あの空気が呼んでる

とけろ とけろ 全てがサラサラに変わったら
また会えるのかなぁ
やさしい気持ちを照らす 夕日が馴染んだころ ちょっとだけ寂しい

水の中を目指そう

藍坊主と剥がれ落ちて水になれと歌詞について

以上が藍坊主 剥がれ落ちて水になれの歌詞です。

  • 藍坊主の楽曲一覧はこちらから
  • 剥がれ落ちて水になれ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

藍坊主 剥がれ落ちて水になれの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。