藍坊主 存在とパン 歌詞

藍坊主 存在とパンの歌詞を提供しています。 『存在とパン』とは藍坊主さんが2016/09/14に発売された楽曲です。

存在とパン 歌詞

曲名:存在とパン

発売日:2018/3/4

歌手:藍坊主

作詞:藍坊主

作曲:藍坊主

テーブルはきっと知ってる 浮かびながら踊る幸せ
薬缶の底をこすれば 冷たい音の妖精がいる

布巾はしぼらなければ 彼女のもとまで届かない
意味をなす 全てのものに 愛しい線を繋げられたなら

どんな日だって僕らのものさ

宇宙をとおりぬけ 宇宙をとおりぬけ
存在をゆるされた 直線の上に ぼくたちはのっかっている
宇宙をつらぬいてる 宇宙をつらぬいてる
どうしようもないほどの 直線の果てに 僕たちのコーヒーが湧いた

ああ パンを君と食べたい すこし焦げたパンを食べたい
意味のない 全てのものに 愛されながら君と食べるんだ

宇宙をとおりぬけ 宇宙をとおりぬけ
存在に愛された 直線の上に ぼくたちはのっかっている
宇宙をつらぬいてる 宇宙をつらぬいてる
どうしようもないほどの 創造の果てで 僕たちはパンを焼いている

藍坊主と存在とパンと歌詞について

以上が藍坊主 存在とパンの歌詞です。

  • 藍坊主の楽曲一覧はこちらから
  • 存在とパン関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

藍坊主 存在とパンの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。