Trefle 春夏秋冬 歌詞

Trefle 春夏秋冬の歌詞を提供しています。 『春夏秋冬』とはTrefleさんが2015/04/25に発売された楽曲です。

春夏秋冬 歌詞

曲名:春夏秋冬

発売日:2018/3/4

歌手:Trefle

作詞:Trefle

作曲:Trefle

彷徨う景色は 時を刻み
いつか振り向くと 甘い夢見せる

目が醒めてみては 握りしめた
銀貨、気が付けば 白く霞んでくから

FIND ME(振り向くさきにいる 幼い自分に)
I'm crying.(届くはずもない)
顔をあげるんだ!

なにひとつ 灯されないことがある
愚痴なんて 言い訳にすぎないくせに
さあ立ち向かって みてよ 持てるもの
すべて君の あゆんだ ものだろ

自信なんて これから持てばいいなんて
個々きざめ きみがきみであるために
春夏秋冬 舞うんだ 惑わされても
ぼくは きみをしんじてる

背を押す未来を 感じとると
心震えては 不安、口にする
それでも進むは 負けたくない
気持ち、いつからか 深くあふれてくから

I knew(むかしばなしにいる あこがれだったの)
Try me(ほこれるじぶんを)
見つけ出せるんだ!

なにひとつ 灯されないことがある
愚痴なんて 言い訳にすぎないくせに
さあ立ち向かって みてよ 持てるもの
すべてきみの あゆんだ ものだろ

自信なんて これから持てばいいなんて
個々きざめ きみがきみであるために
春夏秋冬 舞うんだ 惑わされても
ぼくはきみを信じてる

すすんできた みちが かがやくものでなくても

なにひとつ 灯されないことがある
愚痴なんて 言い訳にすぎないくせに
さあ立ち向かって みてよ 持てるもの
すべてきみの あゆんだ ものだろ

自信なんて これから持てばいいなんて
個々きざめ ぼくがぼくであるために
春夏秋冬 舞うんだ 惑わされても
ぼくは きみを信じてる

ふみしめろ
きょうもあしたも
さあいこう!

Trefleと春夏秋冬と歌詞について

以上がTrefle 春夏秋冬の歌詞です。

  • Trefleの楽曲一覧はこちらから
  • 春夏秋冬関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

Trefle 春夏秋冬の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。