ミツメ 天気予報 歌詞

ミツメ 天気予報の歌詞を提供しています。 『天気予報』とはミツメさんが2016/06/08に発売された楽曲です。

天気予報 歌詞

曲名:天気予報

発売日:2018/3/4

歌手:ミツメ

作詞:ミツメ

作曲:ミツメ

風が時おり知らせる 手に入らぬものなら
一つ二つくらいある 次第に増えていく

通り雨を 知らずに出かけて震えても
歩けたら良いけど

ただの雲行きのせいで ふいになることすら
数えきれないくらいと 口では言いながら

通り雨が 涙をさらって流れたら
それだけで良いけど

通り雨が 街を洗って乾くなら
それだけが良いのに

風が時おり知らせる 手に入らぬものなら
一つ二つくらいある 増えないと良いけど

ミツメと天気予報と歌詞について

以上がミツメ 天気予報の歌詞です。

  • ミツメの楽曲一覧はこちらから
  • 天気予報関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

ミツメ 天気予報の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。