西郷輝彦 ペテン師 歌詞

西郷輝彦 ペテン師の歌詞を提供しています。 『ペテン師』とは西郷輝彦さんが2014/12/17に発売された楽曲です。

ペテン師 歌詞

曲名:ペテン師

発売日:2018/3/4

歌手:西郷輝彦

作詞:西郷輝彦

作曲:西郷輝彦

その男は恋人と別れた
さよならの口づけをして
髪の毛をやさしくなぜていた
その時男は心のどこかで
赤い舌を出して笑った
そうさ男は自由をとりもどしたのさ
そうさ男は人生のペテン師だから
このいつわりもいつの日にか
ありふれた想い出にすりかえるのさ

その男は女房をもらった
人様もうらやむほどの
すばらしくきれいな女をね
けれども男は心のどこかで
寒い風が吹くのを知った

そうさ男は自由を手離しちまった
そうさ男は人生のペテン師だから
ひとりぼっちの幸せを
たいくつな毎日にすりかえたのさ
そうさ男は自由を手離しちまった
そうさ男は人生のペテン師だから
ひとりぼっちの幸せを
たいくつな毎日にすりかえたのさ

西郷輝彦とペテン師と歌詞について

以上が西郷輝彦 ペテン師の歌詞です。

  • 西郷輝彦の楽曲一覧はこちらから
  • ペテン師関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

西郷輝彦 ペテン師の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。