水森かおり 宛先のない恋文 歌詞

水森かおり 宛先のない恋文の歌詞を提供しています。 『宛先のない恋文』とは水森かおりさんが2016/09/21に発売された楽曲です。

宛先のない恋文 歌詞

曲名:宛先のない恋文

発売日:2018/3/4

歌手:水森かおり

作詞:水森かおり

作曲:水森かおり

潮騒の歌 聴きながら
綴る旅の手紙は
遠いあの日の もつれた糸を
ゆっくりほぐしてゆくのです
言葉にできない 愛しさばかり
あとから あとから あふれるの
宛先のない恋文 海のポストに入れて
荷物をそっと おろします

かなわない恋 振り返り
胸の傷をなぞれば
瀬戸は夕凪 あなたの痛み
想える女になりました
百年先でも 千年後(ご)でも
愛なら 愛なら 生きている
宛先のない恋文 どうか伝えて欲しい
わたしは今も ひとりだと

誰にも言えない 誰かの想い
波間に揺られて 流れ着く
宛先のない恋文 海のポストに入れて
荷物をそっと おろします

水森かおりと宛先のない恋文と歌詞について

以上が水森かおり 宛先のない恋文の歌詞です。

  • 水森かおりの楽曲一覧はこちらから
  • 宛先のない恋文関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

水森かおり 宛先のない恋文の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。