SHE'S Isolation 歌詞

SHE'S Isolationの歌詞を提供しています。 『Isolation』とはSHE'Sさんが2016/10/19に発売された楽曲です。

Isolation 歌詞

曲名:Isolation

発売日:2018/3/4

歌手:SHE'S

作詞:SHE'S

作曲:SHE'S

くだらない 意味もない
僕が僕であること 誰も求めていない
嘘ひとつあればいい
主観のない 中身もない言葉をひけらかして
出口のない迷路で頭を抱えている

何処かで聞き覚えのある声 今も鳴り響いてるけど
気づかないフリにも慣れてしまっていた

僕の正しさなんてもんは
「身勝手だ」って
足を揃えて生きる事を強いられるけど
誰かに合わせた作り物を威張って
振りかざしていられないだろう

エゴと体裁の間
「でも」と「だって」が飛び交って
善か偽善かなんてもう
知りたくもないこと
行きたい方向だって本当は判ってるだろう
行き交う言葉に体を揺らしていないで

いつだって僕が僕を裏切り 自分自身に隠れていた
これが描いていた自分な訳はないだろう?

いつも正しさは無数にあって
奪われようと
信じていれば何度でも変えられる世界さ
誰かに合わせた僕を壊して
もう二度と見失うな
もう一度作り上げていこう

SHE'SとIsolationと歌詞について

以上がSHE'S Isolationの歌詞です。

  • SHE'Sの楽曲一覧はこちらから
  • Isolation関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

SHE'S Isolationの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。