六文銭 キングサーモンのいる島 歌詞

六文銭 キングサーモンのいる島の歌詞を提供しています。 『キングサーモンのいる島』とは六文銭さんが2012/10/03に発売された楽曲です。

キングサーモンのいる島 歌詞

曲名:キングサーモンのいる島

発売日:2018/3/4

歌手:六文銭

作詞:六文銭

作曲:六文銭

キングサーモン 川面を跳ねて
白い息を吐けば
辺りは 愈々 寒くなる
オホーツクの果て 波の上に
ユラリユラユラ
そんな 小さな島がある

橋の上で 僕は
手袋や 帽子の上から浸み透る
寒さに打たれて
立ち嫡む
その時 きっと

キングサーモン 忘れているよ
氷の夜が来れば
おまえの行き場が 消えて行く
オホーツクの果て 波の上に
ユラリユラユラ
そんな 小さな島がある

橋の上で 僕は
眠りながら 考える

キングサーモンの熱いステーキが
食べたいなあ

キングサーモン
オホーツクの海にも
夜のテーブルの上にも
姿が見えない

六文銭とキングサーモンのいる島と歌詞について

以上が六文銭 キングサーモンのいる島の歌詞です。

  • 六文銭の楽曲一覧はこちらから
  • キングサーモンのいる島関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

六文銭 キングサーモンのいる島の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。