森山直太朗 僕らは死んでゆくのだけれど 歌詞

森山直太朗 僕らは死んでゆくのだけれどの歌詞を提供しています。 『僕らは死んでゆくのだけれど』とは森山直太朗さんが2016/09/21に発売された楽曲です。

僕らは死んでゆくのだけれど 歌詞

曲名:僕らは死んでゆくのだけれど

発売日:2018/3/4

歌手:森山直太朗

作詞:森山直太朗

作曲:森山直太朗

僕らは死んでゆくのだけれど
今はこうして生きてるような
涙も知らぬ静かな夜は
あなたを抱いてただ眠りたい

僕らは死んでゆくのだけれど
夕日はそれでも奇麗なそうな
重なる影を飛び越してゆく
家なき子らに未来はいらぬ

僕らは死んでゆくのだけれど
何故にわざわざ生まれてきたか
誰も教えちゃくれないけれど
死にゆく者は皆したり顔

僕らは死んでゆくのだけれど
風も吹かないあの交差点
言葉の向こうに散りゆく花よ
それを見ているあなたが好きで

僕らは死んでゆくのだけれど
死にゆく時を誰も知らない
出会いの綾を指で絡めて
次の列車をまた待ちぼうけ

森山直太朗と僕らは死んでゆくのだけれどと歌詞について

以上が森山直太朗 僕らは死んでゆくのだけれどの歌詞です。

  • 森山直太朗の楽曲一覧はこちらから
  • 僕らは死んでゆくのだけれど関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

森山直太朗 僕らは死んでゆくのだけれどの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。