はちみつぱい 釣り糸 歌詞

はちみつぱい 釣り糸の歌詞を提供しています。 『釣り糸』とははちみつぱいさんが2000/02/04に発売された楽曲です。

釣り糸 歌詞

曲名:釣り糸

発売日:2018/3/4

歌手:はちみつぱい

作詞:はちみつぱい

作曲:はちみつぱい

髭の爺さんと
釣り糸を池に垂らしていた
苦いくわえ煙草が
目に染みて
苛立つ涙を拭って空を見上げれば
ぼくはどうでも良かったんだ

爺さんは黙って
釣竿を握りしめていた
枯れ葉は風に踊らされている
僕は一寸くしゃみして
襟を立てた
その日は町で祭さ

爺さんは向こう岸へ
歩いていったよ背丈もある篭しょって
あたりは不気味に暗さを増して

怪しい雲行きさ
きっと雨が降り出すだけさ
ぼくはどうでも良かったんだ

紅い空が燃え尽きて
まどろむ池の辺独りうっとり
煙る雨に濡れて夢見てたら

なっちまった魚の姿に
なっていたんだ釣り糸指にからませ

はちみつぱいと釣り糸と歌詞について

以上がはちみつぱい 釣り糸の歌詞です。

  • はちみつぱいの楽曲一覧はこちらから
  • 釣り糸関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

はちみつぱい 釣り糸の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。