六文銭 流星花火 歌詞

六文銭 流星花火の歌詞を提供しています。 『流星花火』とは六文銭さんが2012/10/03に発売された楽曲です。

流星花火 歌詞

曲名:流星花火

発売日:2018/3/4

歌手:六文銭

作詞:六文銭

作曲:六文銭

「下町は田舎みたいだ」って
車に乗り合わせた女の子が言う
下町育ちの小室さんは
「成程……」
と、うなずく
道産児の僕は
「そうかな……」
と、首をかしげる

田舎の縁日には
肌寒い夏の空を

流星花火が飛び交っていた

そいつが違うと 思うのだ

六文銭と流星花火と歌詞について

以上が六文銭 流星花火の歌詞です。

  • 六文銭の楽曲一覧はこちらから
  • 流星花火関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

六文銭 流星花火の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。