六文銭 インドの街を象にのって 歌詞

六文銭 インドの街を象にのっての歌詞を提供しています。 『インドの街を象にのって』とは六文銭さんが2012/10/03に発売された楽曲です。

インドの街を象にのって 歌詞

曲名:インドの街を象にのって

発売日:2018/3/4

歌手:六文銭

作詞:六文銭

作曲:六文銭

印度の街を象にのって
毎日どこかへ 行くのです
麦ワラ帽子と大きな荷物
一緒にテクテク 日溜りを
カスタネットがカタカタと
マンドリンがチリチリと
背中で笑っているのです

印度の街を象にのって
毎日どこかへ行くのです
今日もテクテク 日溜りや
またはユラユラ 月の夜
光りと影がくり返し
又くり返し通りすぎ
私の心に 絵を書いた

印度の街を象にのって
毎日どこかへ行くのです
遠い昔のママゴトや
明日の天気のことなどを
神様のように ユラユラと
考えながらユラユラと
毎日散歩するのです

六文銭とインドの街を象にのってと歌詞について

以上が六文銭 インドの街を象にのっての歌詞です。

  • 六文銭の楽曲一覧はこちらから
  • インドの街を象にのって関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

六文銭 インドの街を象にのっての歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。