六文銭 夏・二人で 歌詞

六文銭 夏・二人での歌詞を提供しています。 『夏・二人で』とは六文銭さんが2012/10/03に発売された楽曲です。

夏・二人で 歌詞

曲名:夏・二人で

発売日:2018/3/4

歌手:六文銭

作詞:六文銭

作曲:六文銭

暑い夏の盛り場を
ボクタチ うきうき歩いた
ネオンの隙間を 摺り抜けては
どうしても 真直ぐに歩けない

賑やかに 賑やかに
出来るさ 賑やかに
“長いドレスが欲しいなあ
あの飾り窓の……”
ポツンとひと言 心の中に
夢の径をたどって
そっと収まる
いつかの夏に そんな言葉

暑い夏の真夜中に
ボクタチ とつぜん気が付く
ダルイ体を タタミの上に
危なっかしく投げ出した
そのあとで
ひっそりと ひっそりと
出来るさ ひっそりと
“カレーライスが
食べたいなあ
綺麗なレストランで……”
ポツンとひと言 寝言みたいに
夢の径をたどって
消えてしまう
いつかの夏に そんな言葉

六文銭と夏・二人でと歌詞について

以上が六文銭 夏・二人での歌詞です。

  • 六文銭の楽曲一覧はこちらから
  • 夏・二人で関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

六文銭 夏・二人での歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。