すぎもとまさと てるてるぼうず 歌詞

すぎもとまさと てるてるぼうずの歌詞を提供しています。 『てるてるぼうず』とはすぎもとまさとさんが2008/06/04に発売された楽曲です。

てるてるぼうず 歌詞

曲名:てるてるぼうず

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

てるてるぼうずを君は窓につるしてる
僕の分まで二つ並べてつるしてる
そして黙って外をぼんやり見つめてる
僕は畳に寝ころんだまま
煙草に火をつけて
こんなに疲れてしまったのは
誰のせいだろう
うっとうしくて嫌だね
ウーン 雨の日

てるてるぼうずに君が二人の顔を書く
僕の方には長いヒゲを書き込んで
ねえ似てるでしょうって幸せそうに
君はいつでもいい人なんだね
明るくふるまって
沈んだ気持を隠せるなんて
恐くはないのかい
まぶしすぎてやりきれないな
ウーン 雨の日

てるてるぼうずは昔素敵なことばかり
天気になったら誰もはしゃぎまわって
そして水たまりの中に捨てられてしまう
僕はやっぱり明日が晴れると
歩きはじめるだろう
君ももちろんこの部屋を出て
何処かへ行くだろね
も少し一緒に居られるよ
ウーン 雨の日

すぎもとまさととてるてるぼうずと歌詞について

以上がすぎもとまさと てるてるぼうずの歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • てるてるぼうず関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと てるてるぼうずの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。