すぎもとまさと 嫁入り船 歌詞

すぎもとまさと 嫁入り船の歌詞を提供しています。 『嫁入り船』とはすぎもとまさとさんが2008/06/04に発売された楽曲です。

嫁入り船 歌詞

曲名:嫁入り船

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

桜の花びら散る道を
つまづきながら走っています
夕映えきれいに染め抜いた
君の小船を追い駆けて
閉じ込めてた愛があふれだしました

向こうの岸辺で待つ人の
明るい声は川風に乗り
水面に小石を投げ捨てて
僕の想いが沈む頃
淋しさが宿を借りに来るでしょう

悲しい涙で止めてはならない
嫁入り船が遠くなる
振り向かないで下さいどうか
想い出の中へ君は去るのです

桜の花びら吹雪く中
せせらぎ沿いに見送ってます
終りのないよな船唄に
君がにこっとしたようで
置きざりにした夢が泣きだしました

悲しい涙で止めてはならない
嫁入り船が遠くなる
幸せになって下さいどうか
季節の中で僕は変わるのです

すぎもとまさとと嫁入り船と歌詞について

以上がすぎもとまさと 嫁入り船の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 嫁入り船関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 嫁入り船の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。