すぎもとまさと 正月の一日 歌詞

すぎもとまさと 正月の一日の歌詞を提供しています。 『正月の一日』とはすぎもとまさとさんが2008/06/04に発売された楽曲です。

正月の一日 歌詞

曲名:正月の一日

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

あの頃よく晴れた日には
竹トンボ回し回され
隣りの垣根を越えて
裏の空地まで
うららかな正月の午後
茶の間でTVでも見て
落語家の駄じゃれに
笑い転げたいな
でもそんなにおかしいことなんて
やっぱりないよね
とてもたいくつで眠くなる
君と僕の一日

あの頃澄んだ空の下
紙ヒコーキ飛ばし飛ばされ
幼ななじみのサッちゃん
今はどうしているの

おめでたい正月の午後
縁側に腰かけてたら
記念写真でもと
ポーズをとらされる
何故君まで親せきと一緒に
はしゃいでいるのかな
いつもと変らずに過したい
君と僕の一日

愛までつまらなそうにあくびした
君と僕の一日

すぎもとまさとと正月の一日と歌詞について

以上がすぎもとまさと 正月の一日の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 正月の一日関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 正月の一日の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。