すぎもとまさと 少女と紙風船 歌詞

すぎもとまさと 少女と紙風船の歌詞を提供しています。 『少女と紙風船』とはすぎもとまさとさんが2008/06/04に発売された楽曲です。

少女と紙風船 歌詞

曲名:少女と紙風船

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

紙風船ふくらませ
手の平で持て遊び
空高く飛ばしもせず
少女はいつも只待って居た

垣根越しに行き過ぎる
足音に耳澄ませ
来ぬ人のやさしさを
少女は一人只待って居た

風に乗せて飛ばそうよ
キララ キラララ キララララ
高く打ちあげ飛ばそうよ
キララ キラララ 紙風船
少女はまだ知らないのかな
思ったより空の青いことを

秋が行き冬が去り
春の陽が萌え出しても
紙風船見つめて
少女は何故か只待って居た

早く外(おもて)に出てごらん
キララ キラララ キララララ
暮れる夕陽にあざやかな
キララ キラララ 紙風船
少女はいつ気づくのかな
思ったより空の広いことに

紙風船ふくらませ
手の平で持て遊び
空高く飛ばしもせず
少女はいつも只待って居た

すぎもとまさとと少女と紙風船と歌詞について

以上がすぎもとまさと 少女と紙風船の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 少女と紙風船関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 少女と紙風船の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。