すぎもとまさと 三分間の別れ 歌詞

すぎもとまさと 三分間の別れの歌詞を提供しています。 『三分間の別れ』とはすぎもとまさとさんが2008/06/04に発売された楽曲です。

三分間の別れ 歌詞

曲名:三分間の別れ

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

そうだよ僕にとっては
驚きだったのさ
見知らぬ家にダイヤル
回したのかと思ったぐらい
君はどうして電話の向こうで
何も言わずに黙ってるの
いつもと違う雰囲気に乗せて
さよならの一言話すつもりなら
三分間は長過ぎるよね

受話器を置くとまもなく
すべてが解って来て
ぼんやり窓辺にもたれ
寝静まった街を見つめてたよ
君が遠くへ段々遠くへ
離れて行ってしまうよな
真夜中だから悲しみはつのる
笑いながら二人過した時なら
三分間は短かかったよ

君はこれから気軽に僕に
話しかけてはくれないさ
大切なこと打ち明けはしない
暗闇に一人取り残されたよな
三分間のはかない別れ
三分間のはかない別れ

すぎもとまさとと三分間の別れと歌詞について

以上がすぎもとまさと 三分間の別れの歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 三分間の別れ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 三分間の別れの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。