三丘翔太 北の漁場 歌詞

三丘翔太 北の漁場の歌詞を提供しています。 『北の漁場』とは三丘翔太さんが2016/09/21に発売された楽曲です。

北の漁場 歌詞

曲名:北の漁場

発売日:2018/3/4

歌手:三丘翔太

作詞:三丘翔太

作曲:三丘翔太

いのち温(ぬく)めて 酔いながら
酒をまわし飲む
明日(あす)の稼ぎを 夢にみて
腹にさらし巻く
海の男にゃヨ 凍る波しぶき
北の漁場(りょうば)はヨ 男の仕事場サ

沖は魔物だ 吠えながら
牙をむいてくる
風にさらした 右腕の
傷は守り札
海の男にゃヨ 雪が巻いて飛ぶ
北の漁場はヨ 男の遊び場サ

銭のおもさを 数えても
帰るあてはない
二百海里を ぎりぎりに
網をかけてゆく
海の男にゃヨ 怒濤(なみ)が華になる
北の漁場はヨ 男の死に場所サ

三丘翔太と北の漁場と歌詞について

以上が三丘翔太 北の漁場の歌詞です。

  • 三丘翔太の楽曲一覧はこちらから
  • 北の漁場関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

三丘翔太 北の漁場の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。