太田裕美 湘南アフタヌーン 歌詞

太田裕美 湘南アフタヌーンの歌詞を提供しています。 『湘南アフタヌーン』とは太田裕美さんが1991/09/15に発売された楽曲です。

湘南アフタヌーン 歌詞

曲名:湘南アフタヌーン

発売日:2018/3/4

歌手:太田裕美

作詞:太田裕美

作曲:太田裕美

汽車の窓 頬杖つけば
流れゆく冬は影絵ね
旅人の振りして浜辺を
横切れば あなた住む町
想い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
くちびるがまだ寒いのは
人恋しさのせいでしょう

年老いた漁師の人が
手を休め 笑いかけてる
白ペンキめくれたボートが
焦げた夏 名残らせていた
思い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
空っぽな胸の透き間を
白いかもめがすり抜ける

ひざまでの波のつめたさ
死ぬ気など消えうせるだけ
流木を集めたたき火に
ばかだねと泣く いくじなし
想い出は 海を渡って
昔から吹いてくるのよ
晴れあがる湘南の空
悲しみが透き通る

太田裕美と湘南アフタヌーンと歌詞について

以上が太田裕美 湘南アフタヌーンの歌詞です。

  • 太田裕美の楽曲一覧はこちらから
  • 湘南アフタヌーン関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

太田裕美 湘南アフタヌーンの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。