細川たかし 人生劇場 歌詞

細川たかし 人生劇場の歌詞を提供しています。 『人生劇場』とは細川たかしさんが2014/09/17に発売された楽曲です。

人生劇場 歌詞

曲名:人生劇場

発売日:2018/3/4

歌手:細川たかし

作詞:細川たかし

作曲:細川たかし

やると思えば どこまでやるさ
それが男の 魂(たましい)じゃないか
義理がすたれば この世はやみだ
なまじとめるな 夜の雨

あんな女に 未練はないが
なぜか涙が 流れてならぬ
男ごころは 男でなけりゃ
わかるものかと あきらめた

時世時節(ときよじせつ)は 変ろとままよ
吉良(きら)の仁吉は 男じゃないか
おれも生きたや 仁吉のように
義理と人情の この世界

細川たかしと人生劇場と歌詞について

以上が細川たかし 人生劇場の歌詞です。

  • 細川たかしの楽曲一覧はこちらから
  • 人生劇場関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

細川たかし 人生劇場の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。