細川たかし 目ン無い千鳥 歌詞

細川たかし 目ン無い千鳥の歌詞を提供しています。 『目ン無い千鳥』とは細川たかしさんが2014/09/17に発売された楽曲です。

目ン無い千鳥 歌詞

曲名:目ン無い千鳥

発売日:2018/3/4

歌手:細川たかし

作詞:細川たかし

作曲:細川たかし

目ン無い千鳥の 高島田
見えぬ鏡に いたわしや
曇る今宵の 金屏風
誰のとがやら 罪じゃやら

千々に乱れる 思い出は
すぎし月日の 糸車
回す心の 盃に
紅はさしても 晴れぬ胸

雨の夜更けに 弾く琴が
白い小指に しみてゆく
花がちるちる 春が逝く
胸の扉が また濡れる

目ン無い千鳥の さみしさは
切れてはかない 琴の糸
青春(はる)の盛りの 若い葉に
むせび泣くよな こぬか雨

細川たかしと目ン無い千鳥と歌詞について

以上が細川たかし 目ン無い千鳥の歌詞です。

  • 細川たかしの楽曲一覧はこちらから
  • 目ン無い千鳥関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

細川たかし 目ン無い千鳥の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。