MICHI 流星 歌詞

MICHI 流星の歌詞を提供しています。 『流星』とはMICHIさんが2016/09/21に発売された楽曲です。

流星 歌詞

曲名:流星

発売日:2018/3/4

歌手:MICHI

作詞:MICHI

作曲:MICHI

茜射(あかねさ)す歩道橋 ふと立ち止まれば
すこしだけ 近い空 離れた街 想う
君と落書きした 夢の設計図
「憶えてますか」意地っ張りで でも愛しい日々

アルバムのなか 溢れる笑顔
挫(くじ)けかけた背中 支え合うように

頬を伝ってく 流星は
夢のため 今日も奔(はし)る
どんな遠くても 視えるほど
輝くよ この東京(まち)で

「いつも傍にいるよ、こころは」

二倍速の雑踏 時に戸惑って
何回 君に 弱音を吐き 叱られただろう

夜空を彷徨(さまよ)える 無数の夢の軌跡(あと)
それでも 行くと決めた ずっと

瞼(まぶた)下ろせば 変わらぬ笑顔
挫けかけた背中 支え合うように

永遠(とわ)よりずっと 続いてく
それぞれの 物語は…

頬を伝ってく 流星は
夢のため 今日も奔(はし)る
どれだけ 遠い場所からも
わかるように 輝こう

同じ夢の星座と 信じて
いつも 想っているから

MICHIと流星と歌詞について

以上がMICHI 流星の歌詞です。

  • MICHIの楽曲一覧はこちらから
  • 流星関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

MICHI 流星の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。