湯川潮音 海の上のパイロット 歌詞

湯川潮音 海の上のパイロットの歌詞を提供しています。 『海の上のパイロット』とは湯川潮音さんが2006/01/25に発売された楽曲です。

海の上のパイロット 歌詞

曲名:海の上のパイロット

発売日:2018/3/4

歌手:湯川潮音

作詞:湯川潮音

作曲:湯川潮音

静かな海をそっと
飛びたつ そのときに
一片の悲しみを
詰め込んだパイロット

吹きこむ風に後を押されて
夜を通り過ぎてく
あなたは何を思っているの?

しだいに沈み行く船は
私を取り巻く全てのものを乗せて
深い海の底 流れ落ちていった

どこにいたって溺れていくしかなかった

朝焼けが辺りを
明るく照らすと
白く舞う煙に
浮かびあがる道筋

海を超えてくあなたがきっと
背負った荷物を捨て
自由にどこへも飛び回れるよう

しだいに海の上も空も歪んで
同じどこかで繋がる時が
やってくるように願い続けていく

いつまでも忘れたくないことだから

湯川潮音と海の上のパイロットと歌詞について

以上が湯川潮音 海の上のパイロットの歌詞です。

  • 湯川潮音の楽曲一覧はこちらから
  • 海の上のパイロット関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

湯川潮音 海の上のパイロットの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。