プルモライト 真実の瞳 歌詞

プルモライト 真実の瞳の歌詞を提供しています。 『真実の瞳』とはプルモライトさんが2016/10/12に発売された楽曲です。

真実の瞳 歌詞

曲名:真実の瞳

発売日:2018/3/4

歌手:プルモライト

作詞:プルモライト

作曲:プルモライト

柔らかな風が吹いて 君の泣き顔を不意に思い出した
確かあの日もこんな日だったな 別れに似合わない暖かな日

元気でいますか?僕を覚えていますか?
幸せを誰かと創っていますか?

二人で見ていた街の灯は 今も変わらずに光っているよ
人を傷つけて痛みも感じない僕に 初めて突き刺さる眩い光
まるで君の瞳

何処かで間違えたかな それとも最初から間違ってたかな
嘘ばかりついた毎日 でも君に嘘はつきたくなかったよ

生き急がないで 誰も君にはなれないよ
簡単な言葉も伝えられずに

正しく生きたかった 戻れるような気がした
許されるならば 導いてほしかった
だけど戻れなかった 許される訳もなかった

二人で見ていた街の灯は 今も変わらずに光っているよ
人を傷つけて痛みも感じない僕に 初めて突き刺さる眩い光

あの日に戻れない、僕はまだ
汚れたこの手でも君に触れていたいよ
目が覚めてまた同じような朝だとしても
あの日の痛みを忘れないよ
初めて突き刺さる眩い光 まるで君の瞳 真実の瞳

柔らかな風が吹いて 君の泣き顔を不意に思い出した

プルモライトと真実の瞳と歌詞について

以上がプルモライト 真実の瞳の歌詞です。

  • プルモライトの楽曲一覧はこちらから
  • 真実の瞳関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

プルモライト 真実の瞳の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。