杉良太郎 夕陽の丘 歌詞

杉良太郎 夕陽の丘の歌詞を提供しています。 『夕陽の丘』とは杉良太郎さんが2013/11/20に発売された楽曲です。

夕陽の丘 歌詞

曲名:夕陽の丘

発売日:2018/3/4

歌手:杉良太郎

作詞:杉良太郎

作曲:杉良太郎

夕陽の丘の ふもと行く
バスの車掌の 襟ぼくろ
わかれた人に 生き写し
なごりが辛い たびごころ

かえらぬ人の 面影を
遠い他国で 忘れたさ
いくつか越えた 北の町
目頭うるむ たびごころ

真菰(まこも)の葦は 風にゆれ
落葉くるくる 水に舞う
この世の秋の あわれさを
しみじみ胸に バスは行く

夕陽の丘を 見上げても
湖(うみ)の畔りを 訪ねても
かいなき命 あるかぎり
こころの傷は また疼く

人の子ゆえに 恋ゆえに
落ちる夕陽が 瞳(め)にいたい
さよなら丘の たそがれよ
また呼ぶ秋は ないものを

杉良太郎と夕陽の丘と歌詞について

以上が杉良太郎 夕陽の丘の歌詞です。

  • 杉良太郎の楽曲一覧はこちらから
  • 夕陽の丘関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

杉良太郎 夕陽の丘の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。