プルモライト scape goat 歌詞

プルモライト scape goatの歌詞を提供しています。 『scape goat』とはプルモライトさんが2016/10/12に発売された楽曲です。

scape goat 歌詞

曲名:scape goat

発売日:2018/3/4

歌手:プルモライト

作詞:プルモライト

作曲:プルモライト

狭い部屋に投げたこの声が 空を裂き俺を嘲笑っている
どうせ逃げられやしないとわかってて

甘い言葉くれたあの人が 今日は冷めた顔で睨むから
いつも心は誰にも渡せない

目が覚めて、また同じ朝が来る

「壊してくれ」
“衍曼流爛”いつだって 正しいほうには流れない
どれもこれもまやかしだらけ 整列したレプリカ
もう“絶体絶命”この俺を 救える人には出遭えない
誰も彼も素知らぬ顔で 傍観者気取る迷子のようだね

今でも覚悟は出来てるのに 俺を貫く刃は何処?
用意された処刑台が光ってる
『トドメをさして。』
澱んだ空気が生温くて 早く終わらせてしまいたい
痺れ切らした身体が曝される

「逃がしてくれ」
“未来永劫”この先も 見えない誰かに操られ
いつかなんて淡い期待に 夢見ていられない
ただ“勇往邁進”ひたすらに 見えない何かを求めてる
例え傷が開くとしても 今更後には引けない勝負さ

気が付けば、また同じ夜に泣く
でも俺は 何度でも明日に夢を見ていたい

「許してくれ」
“千篇一律”何処までも 拭えぬ理想が追い越して
並べられたショーウインドウ 俺もそのレプリカ?
でも“独断専行”いつの日か 此処から抜け出せる日が来る
そんな願い掲げてみても 脆くも崩れる砂の城

“衍曼流爛”いつだって 正しいほうには流れない
どれもこれもまやかしだらけ 整列したレプリカ
もう“絶体絶命”この俺を 救える人には出遭えない
誰も彼も素知らぬ顔で 傍観者気取る迷子のようだね

プルモライトとscape goatと歌詞について

以上がプルモライト scape goatの歌詞です。

  • プルモライトの楽曲一覧はこちらから
  • scape goat関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

プルモライト scape goatの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。