真田広之 愛の行方 歌詞

真田広之 愛の行方の歌詞を提供しています。 『愛の行方』とは真田広之さんが1989/11/21に発売された楽曲です。

愛の行方 歌詞

曲名:愛の行方

発売日:2018/3/4

歌手:真田広之

作詞:真田広之

作曲:真田広之

雨の流星
夜の空に流れ
窓に当って
粉々にこわれた

ハートに小さな痛みが走る
私達の恋に似ているわ

愛の行方
何も見えなくても
二人 この瞬間(とき)を信じて もういちど
愛の行方
すべてを変えてゆく
時の流れから 君を守りたい

キスの角度も
すれ違い始めて
二人 いつしか
手さぐりをしていた

言葉にできない 心の苛立ち
胸の奥の 休止符みたいだね

愛の行方
一度は見失い
そして その後で気づく もういちど
愛の行方
一番 美しい
甘い真実は たったひとつだけ

愛の行方
今は見えなくても
二人 この出逢い 信じて このまま
愛の行方
あの日の偶然を
時の向うまで 永遠(とわ)に守りたい

愛の行方
何も見えなくても
二人 この瞬間(とき)を信じて もういちど
愛の行方
すべてを変えてゆく
時の流れから 君を守りたい

愛の行方
今は見えなくても
二人 この出逢い 信じて このまま
愛の行方
あの日の偶然を
時の向うまで 永遠(とわ)に守りたい

真田広之と愛の行方と歌詞について

以上が真田広之 愛の行方の歌詞です。

  • 真田広之の楽曲一覧はこちらから
  • 愛の行方関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

真田広之 愛の行方の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。