すぎもとまさと 冬蛍 歌詞

すぎもとまさと 冬蛍の歌詞を提供しています。 『冬蛍』とはすぎもとまさとさんが2016/09/14に発売された楽曲です。

冬蛍 歌詞

曲名:冬蛍

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

吹雪の向こうの 赤ちょうちん
さすらう心に ふと沁みて
暖簾をくぐれば 振り返る
女の笑顔の 暖かさ

しばれて来たわね お客さん
ストーブ間近に 来てという
熱燗頼めば 兄さんに
似てると真顔で 俺を見る
蛍 蛍 誰を待つのやら

針音まじりの 番外地
兄貴の 十八番の歌だとか
ホッケに湯豆腐 氷頭(ひず)なます
私のおごりと はしゃぎ酒

表は真っ白 雪嵐
朝まで飲んでも いいと言う
男の心の 流氷を
じんわり溶かして 夜は更ける
蛍 蛍 ぽつり雪ん中
蛍 蛍 誰を待つのやら

すぎもとまさとと冬蛍と歌詞について

以上がすぎもとまさと 冬蛍の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 冬蛍関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 冬蛍の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。