すぎもとまさと 新宿はぐれ鳥 歌詞

すぎもとまさと 新宿はぐれ鳥の歌詞を提供しています。 『新宿はぐれ鳥』とはすぎもとまさとさんが2016/09/14に発売された楽曲です。

新宿はぐれ鳥 歌詞

曲名:新宿はぐれ鳥

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

別れ話の いきさつは
ささくれ畳に 聞いとくれ
今じゃ喧嘩も できないが
どうしているのよ こんな夜は
あんた 新宿迷い鳥
想いで数えて いるのなら
ここで も一度 ねえ 暮らそうよ

店の帰りに ふたりして
並んで放った お賽銭
合わせた両手の 隙間から
いつしか倖せ 逃げていた
ふたり 新宿はぐれ鳥
沈んでばかりの 身の上は
誰のせいでも ねえ ありゃしない

路地を吹く風 肩で切り
帰っておいでよ この街へ
遊びがすぎてた ひとだけど
それでもあんたが 好きなのよ
あたし 新宿阿呆鳥
男を愛して 泣くなんて
これで最後に ねえ したいのよ

すぎもとまさとと新宿はぐれ鳥と歌詞について

以上がすぎもとまさと 新宿はぐれ鳥の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 新宿はぐれ鳥関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 新宿はぐれ鳥の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。