すぎもとまさと 砂漠の子守唄 歌詞

すぎもとまさと 砂漠の子守唄の歌詞を提供しています。 『砂漠の子守唄』とはすぎもとまさとさんが2016/09/14に発売された楽曲です。

砂漠の子守唄 歌詞

曲名:砂漠の子守唄

発売日:2018/3/4

歌手:すぎもとまさと

作詞:すぎもとまさと

作曲:すぎもとまさと

ビルの谷間の 三日月に
銀のブランコ 吊りさげて
漕いでいたいよ 夜明けまで
子守唄など 聴きながら
あゝ東京は 冷たい砂漠
心ぼろぼろ 心ぼろぼろ 淋しいよ

いくら恋して 愛しても
紅い花など 咲きゃしない
水をください 一滴(ひとしずく)
子守唄なら 眠らせて
あゝ東京は 乾いた砂漠
心ひりひり 心ひりひり せつないよ

胸にわたしが 飼っていた
青い小鳥は 逃げたまま
おいでもいちど 止まり木に
子守唄でも 歌ってよ
あゝ東京は 眠らぬ砂漠
心ゆらゆら 心ゆらゆら 恋しいよ

すぎもとまさとと砂漠の子守唄と歌詞について

以上がすぎもとまさと 砂漠の子守唄の歌詞です。

  • すぎもとまさとの楽曲一覧はこちらから
  • 砂漠の子守唄関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

すぎもとまさと 砂漠の子守唄の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。