猫沢エミ ミルクの冠 歌詞

猫沢エミ ミルクの冠の歌詞を提供しています。 『ミルクの冠』とは猫沢エミさんが2000/12/21に発売された楽曲です。

ミルクの冠 歌詞

曲名:ミルクの冠

発売日:2018/3/4

歌手:猫沢エミ

作詞:猫沢エミ

作曲:猫沢エミ

あなたの側で私は見てた 2人の恋が弱るの
息をひそめて泣くのをやめて 愛が死ぬのを見てたの

深い心の真ん中にあるミルクに
落ちた雫が波をたててしまった 今

落ちてゆくすごいスピードで ほら
お互いの顔も見えないわ
一瞬で儚く消えてく
恋はまるで ミルクの冠

あなたのエゴと私の夢で 2人は恋を殺した
月夜の晩に花を手向けて 1人で愛を葬った

深い心の真ん中にあるミルクは
今も枯れることなく溢れているわ そう

神様が呆れ返るほど ただ
不器用にKISSでごまかした
かわいくてありふれた日々は
あなたがくれた 恋の冠

深い心の真ん中にあるミルクで
どうかあなたの傷が癒えますように ねぇ

愛し合うすごいスピードで ほら
大切な時を見すごした
まばたきをしている間に
みんな消えてしまう

神様が呆れ返るほど ただ
不器用にKISSでごまかした
短くて輝いた日々は
壊れやすい ミルクの冠

猫沢エミとミルクの冠と歌詞について

以上が猫沢エミ ミルクの冠の歌詞です。

  • 猫沢エミの楽曲一覧はこちらから
  • ミルクの冠関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

猫沢エミ ミルクの冠の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。