猫沢エミ 羊飼いの少年へ 歌詞

猫沢エミ 羊飼いの少年への歌詞を提供しています。 『羊飼いの少年へ』とは猫沢エミさんが2000/12/21に発売された楽曲です。

羊飼いの少年へ 歌詞

曲名:羊飼いの少年へ

発売日:2018/3/4

歌手:猫沢エミ

作詞:猫沢エミ

作曲:猫沢エミ

首から下げてる汚い笛で
私を自由にできると思う? バカね

犬たちに見張らせて お昼寝してる
退屈で死にそうな 私には気づかない

ねぇ オオカミがきたときばっかり
追い払う 呆れちゃうわ

私はとてもファニーフェイスだから
大人になったのわからないでしょ? 少しも

モコモコの毛を刈って裸を見てよ
グラマーで驚くわ あなたなど もういらない

さあ オオカミに食べてもらうわ
年老いてしまう前に

草ばかり食べさせて安心してる
その草で幻覚(ゆめ)を見る 私には気づかずに

そう オオカミが教えてくれるわ
快楽のすばらしさを

さあ オオカミよ骨までしゃぶって
年老いてしまう前に

猫沢エミと羊飼いの少年へと歌詞について

以上が猫沢エミ 羊飼いの少年への歌詞です。

  • 猫沢エミの楽曲一覧はこちらから
  • 羊飼いの少年へ関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

猫沢エミ 羊飼いの少年への歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。