LUNKHEAD 陽のあたる道 歌詞

LUNKHEAD 陽のあたる道の歌詞を提供しています。 『陽のあたる道』とはLUNKHEADさんが2016/09/07に発売された楽曲です。

陽のあたる道 歌詞

曲名:陽のあたる道

発売日:2018/3/4

歌手:LUNKHEAD

作詞:LUNKHEAD

作曲:LUNKHEAD

綺麗なものが綺麗なのは
君がいるから 君と見るから

美味しいものが美味しいのは
君がいるから 君と食べるから

独りきりじゃ知らなかった ありがとう
僕の中の僕を教えてくれて

嬉しいことを嬉しく思うのは
僕より先に君が笑うから
悲しいことを悲しく思うのは
僕より先に君が泣くから
君がいるから 君がいるから

誰にも言えずに隠し続けた傷を
擦り合わせたあの日
痛みすらも愛おしくて泣きそうになって
泣いてしまった

ありがとう 何度でも ありがとう
僕の中の僕を見つけてくれて

嬉しいことが嬉しくなれるのは
伝えたいと思う君がいるから
悲しいことが悲しくなれるのは
分かちたいと思う君がいるから

嘘や迷いや悲しい朝や
不安や疑いや眠れない夜も
多分来るかも?しれないけど
積み重ねていく日々を信じていたい

焼きすぎたパンも 苦いコーヒーも
君が笑うから御馳走になる
上等な料理も 高いワインも
君と食べるから特別になる

君がいるから 君がいるなら僕は
未来を信じてみる

だからさ、君もさ、信じてみてよ
繋いだこの手を

LUNKHEADと陽のあたる道と歌詞について

以上がLUNKHEAD 陽のあたる道の歌詞です。

  • LUNKHEADの楽曲一覧はこちらから
  • 陽のあたる道関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

LUNKHEAD 陽のあたる道の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。