sumika sara 歌詞

sumika saraの歌詞を提供しています。 『sara』とはsumikaさんが2016/05/25に発売された楽曲です。

sara 歌詞

曲名:sara

発売日:2018/3/4

歌手:sumika

作詞:sumika

作曲:sumika

さらば青い心の少年よ
黒に染まる事すら愛おしい
こんな僕が出来上がってしまったな
どうすればどうすれば
どうすればいいか解らずに1人歩いている

24時間中7万秒ぐらい考えている
缶コーヒーの中
雑誌の片隅
道路標識

君の欠片を
探してみるものの
今夜もまた見つからなくて

さらば青い心の少年よ
黒に染まる事すら愛おしい
こんな僕が出来上がってしまったな
どうすればどうすればどうすれば
良いか分からずに瞼落としてみる

身体が求めれば 心が別の場所に在っても
いいんじゃないかなって思うけど
君が特別なだけね

どんな色でも黒の
絵の具が混じったら
黒が勝ってしまうね
駄目だね

君の欠片を
探してみるものの
夜に朝日探すようね

さらば青い心の少年よ
黒に染まる事すら愛おしい
こんな僕が出来上がってしまったな
どうすればどうすれば
あの頃のように澄み渡るの

魔法かけて
透明にして
もう一度出会えたら
今度は濁らせて駄目にしないのに

儚くて
抜け落ちて
黒でも愛でている
弱いまま
狡いまま
サラになれる勇気のない
黒い絵の具の歌

sumikaとsaraと歌詞について

以上がsumika saraの歌詞です。

お願い

sumika saraの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。