黒沢秀樹 wonderful summer 歌詞

黒沢秀樹 wonderful summerの歌詞を提供しています。 『wonderful summer』とは黒沢秀樹さんが2015/07/01に発売された楽曲です。

wonderful summer 歌詞

曲名:wonderful summer

発売日:2018/3/4

歌手:黒沢秀樹

作詞:黒沢秀樹

作曲:黒沢秀樹

眩しく広がる 夜明けの海の色
止まった景色は いつか見てた絵葉書のよう
遠くに浮かんだ 旅する船たちが
去り行く季節にさよならの合図を送ってる

いつかもっと僕らが自由になれたら
言えなかった言葉を思い出すから
今はそっと光を胸に焼き付けて
ふたりの夏が終わらないように

眩しく広がる 夜明けの海へ行こう
止まった時間が またすぐに動き出す前に

いつかもっと僕らが自由になれたら
言えなかった言葉を思い出すように
いまはそっと光を胸に焼き付けて
ふたりの夏が終わらないように

風と波の続ける 終わりのないメロディー
夢から目覚めるまで
きみの声が聞こえる

いつかもっと僕らが自由になれたら
言えなかった言葉を思い出すように
今はそっと光を胸に焼きつけて
ふたりの夏が終わらないように

そしてもっと僕らが素直になれたら
見えなかった景色を思い出すから
いまはそっと光を胸に焼き付けて
ふたりの夏が終わらないように
ふたりの旅が終わらないように

黒沢秀樹とwonderful summerと歌詞について

以上が黒沢秀樹 wonderful summerの歌詞です。

  • 黒沢秀樹の楽曲一覧はこちらから
  • wonderful summer関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

黒沢秀樹 wonderful summerの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。