黒沢秀樹 日の名残り 歌詞

黒沢秀樹 日の名残りの歌詞を提供しています。 『日の名残り』とは黒沢秀樹さんが2015/07/01に発売された楽曲です。

日の名残り 歌詞

曲名:日の名残り

発売日:2018/3/4

歌手:黒沢秀樹

作詞:黒沢秀樹

作曲:黒沢秀樹

シャッターが降りた街の 通りを猫が歩いてく
錆びついた夕暮れが 時の流れを止める

マフラーをきつく巻いて 冷たい風と歩いてく
訪れるべき場所は もうここにはないけど

流れる季節が 全ての景色を変えても
僕らは新しい場所で 夢を信じてる
いつかは消えてく 輝いてる日の名残りを
いつまでも忘れないように そっと見つめてる

止まって空を見上げ 冷たい風を吸い込んだ
アスファルトの匂いが いつか街を埋めてる

願い事はいくつか どこかに置いて来たけれど
今でも空の色は 褪せることはないから

流れる季節が 全ての景色を変えても
僕らは新しい場所で 夢を信じてる
去りゆく光が いつか夜に包まれても
どこかで新しい朝が 今日も生まれてる

目の前の宝物を どんなに拾っても
使い捨ての毎日じゃ 何が残るんだろう

流れる季節が 全ての景色を変えても
僕らの新しい場所で 夢は続いてく
言葉に出来ない 痛みのような懐かしさを
いつまでも忘れないように 今日を繋いでく

黒沢秀樹と日の名残りと歌詞について

以上が黒沢秀樹 日の名残りの歌詞です。

  • 黒沢秀樹の楽曲一覧はこちらから
  • 日の名残り関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

黒沢秀樹 日の名残りの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。