増位山太志郎 氷雨 歌詞

増位山太志郎 氷雨の歌詞を提供しています。 『氷雨』とは増位山太志郎さんが2013/11/20に発売された楽曲です。

氷雨 歌詞

曲名:氷雨

発売日:2018/3/4

歌手:増位山太志郎

作詞:増位山太志郎

作曲:増位山太志郎

飲ませて下さい もう少し
今夜は帰らない 帰りたくない
誰が待つと言うの あの部屋で
そうよ 誰もいないわ 今では
唄わないで下さい その歌は
別れたあの人を 想い出すから
飲めばやけに 涙もろくなる
こんな私 許して下さい

外は冬の雨まだやまぬ
この胸を濡らすように
傘がないわけじゃないけれど
帰りたくない
もっと酔う程に飲んで
あの人を忘れたいから

私を捨てた あの人を
今更悔んでも 仕方ないけど
未練ごころ消せぬ こんな夜
女ひとり飲む酒 侘しい
酔ってなんかいないわ 泣いてない
タバコの煙り 目にしみただけなの
私酔えば 家に帰ります
あなたそんな 心配しないで

外は冬の雨まだやまぬ
この胸を濡らすように
傘がないわけじゃないけれど
帰りたくない
もっと酔う程に飲んで
あの人を忘れたいから
忘れたいから

増位山太志郎と氷雨と歌詞について

以上が増位山太志郎 氷雨の歌詞です。

  • 増位山太志郎の楽曲一覧はこちらから
  • 氷雨関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

増位山太志郎 氷雨の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。