谷山浩子と栗コーダーカルテット 月が誘う 歌詞

谷山浩子と栗コーダーカルテット 月が誘うの歌詞を提供しています。 『月が誘う』とは谷山浩子と栗コーダーカルテットさんが2016/09/14に発売された楽曲です。

月が誘う 歌詞

月が誘う 夜の遊び
追いかけるわたしから 逃げてごらんよ
世界はただ がらんとした
道もない 壁もない 何もない迷路

走りだせばいい でも走りだせない
月が頭の上で ケラケラ笑う
自由なのに きみはそんなにも

逃げてごらん さあ今すぐ
逃げなくちゃ追えないよ 月がささやいた
だけどきみは とまどうだけ
道もない 壁もない 何もない迷路

どこへでも行けるから どこへも行かず
誰でも愛せるから 誰も愛さない
いつもきみは 同じ場所にいる

「時間は無限にある」きみはつぶやく
「あわてずに思い出せ あの日の地図を
子供の頃 誰かにもらった……」

そんなものは どこにもない
みせかけのガラクタで
ごちゃごちゃのポケット
月はきみを まだ待ってる
ほらきみの心臓を ころがしはじめた

谷山浩子と栗コーダーカルテットと月が誘うと歌詞について

以上が谷山浩子と栗コーダーカルテット 月が誘うの歌詞です。

  • 谷山浩子と栗コーダーカルテットの楽曲一覧はこちらから
  • 月が誘う関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

谷山浩子と栗コーダーカルテット 月が誘うの歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。