JUN SKY WALKER(S) 裸の太陽 歌詞

JUN SKY WALKER(S) 裸の太陽の歌詞を提供しています。 『裸の太陽』とはJUN SKY WALKER(S)さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

裸の太陽 歌詞

曲名:裸の太陽

発売日:2018/3/4

歌手:JUN SKY WALKER(S)

作詞:JUN SKY WALKER(S)

作曲:JUN SKY WALKER(S)

愛してるなんて そんなもの知らねぇ
もっと もっと 抱きしめたい
愛してるフリして そんなこと 言えねぇ
もっと もっと 抱きしめてくれないか

もう知ってるなんて そんなこと言わせねぇ
もっと もっと 感じろよ
分かってるふりして カッコつけたくねぇ
もっと もっと 抱きしめてくれないか
俺のこと

流した涙をそのままで
歩いて行こう 風を追い越せ
誰よりも君を愛してる
君のすべてが 僕のすべてさ

寂しがるフリして 同情しかしてねぇない
そんなやつになりたかねぇ
楽しんでるフリして 本当のキミ隠さないで
ぎゅっと ぎゅっと 抱きしめて くれないか
俺のこと

しめった空気を蹴っ飛ばして
歩き始めろ 裸の太陽
ギラついた世界の片隅で
君のすべてが 僕のすべてさ

愛しているよ

流した涙をそのままで
歩いて行こう 風を追い越せ
誰よりも君を愛してる
君のすべてが 僕のすべてさ

君のこと 愛しているよ

JUN SKY WALKER(S)と裸の太陽と歌詞について

以上がJUN SKY WALKER(S) 裸の太陽の歌詞です。

  • JUN SKY WALKER(S)の楽曲一覧はこちらから
  • 裸の太陽関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

JUN SKY WALKER(S) 裸の太陽の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。