里見浩太朗 男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~ 歌詞

里見浩太朗 男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~の歌詞を提供しています。 『男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~』とは里見浩太朗さんが2016/09/07に発売された楽曲です。

男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~ 歌詞

曲名:男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~

発売日:2018/3/4

歌手:里見浩太朗

作詞:里見浩太朗

作曲:里見浩太朗

遠い昔のことさ
今でもはっきり覚えているよ
駅舎(えき)に降る雪の白さも
君の涙の横顔も
そう、そう、
遠い昔のことさ…

酒よふたりの 旅路(たび)ならば
遠い昔か 想い出か
夢に背いた 若き日の
今もそこには あの駅舎(えき)が
男の胸に 男の胸に あゝあの駅舎(えき)が

酒よ汽笛が 沁(し)みる夜は
別れ涙か 純情か
詫びる心に ともし灯の
今もそこには あの駅舎(えき)が
面影ゆれる 面影ゆれる あゝあの駅舎(えき)が

酒よ人生 秋半ば
肩の寒さか 儚さか
ひとり語りの 夜更けにも
今もそこには あの駅舎(えき)が
グラスの底に グラスの底に あゝあの駅舎(えき)が

里見浩太朗と男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~と歌詞について

以上が里見浩太朗 男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~の歌詞です。

  • 里見浩太朗の楽曲一覧はこちらから
  • 男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~関連楽曲はこちらから
  • 流行りの楽曲を知りたい方はこちらから。

お願い

里見浩太朗 男の駅舎~セリフ入りスペシャルバージョン~の歌詞、並びにKashi-Timeに記載されている内容の無断転載は固く禁止しております。ご協力お願いします。